野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 好調要因は「大谷だけではない」 米紙がエ軍特集、頼もしい同僚たちに脚光

好調要因は「大谷だけではない」 米紙がエ軍特集、頼もしい同僚たちに脚光

13日(日本時間14日)の敵地ロイヤルズ戦に今季初めて「7番・DH」で出場し、4打数2安打1得点と活躍した大谷翔平投手。スタメン出場では7試合連続安打を記録し、今季3度目のマルチ安打もマークして5-4の逆転勝利に貢献した。投打に奮闘する“大谷効果”は絶大だが、ア・リーグ西地区で昨季のワールドシリーズ王者アストロズを差し置いて首位に立つエンゼルスではチームメートの活躍も光っている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の慎重な起用法にも注目「もっと起用しようという魅力に駆られない」

 13日(日本時間14日)の敵地ロイヤルズ戦に今季初めて「7番・DH」で出場し、4打数2安打1得点と活躍した大谷翔平投手。スタメン出場では7試合連続安打を記録し、今季3度目のマルチ安打もマークして5-4の逆転勝利に貢献した。投打に奮闘する“大谷効果”は絶大だが、ア・リーグ西地区で昨季のワールドシリーズ王者アストロズを差し置いて首位に立つエンゼルスではチームメートの活躍も光っている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「エンゼルスは再生した。そして、ショウヘイ・オオタニだけが理由ではない」と特集したのは米紙「ニューヨーク・タイムズ」だ。その中で、ビリー・エプラーGMは序盤の好調について「まだ結論づけるには早すぎる。我々は自分たちのプロセスにただただ従ったまでのこと」と語っている。

 二刀流の道を突き進む大谷は打者として3試合連続本塁打、投げては7回途中まで完全投球を見せるなど圧巻の活躍を見せている。ただ、マイク・ソーシア監督が起用法に細心の注意を払っていることに記事では注目。こう分析している。

「オオタニは約1世紀に渡り、誰もなし得なかった偉業に挑戦している。エンゼルスには彼の起用に関する明確なテンプレートが存在しない。そして、彼らは慎重なアプローチをとっている。オオタニは序盤に成功を収めたが、彼をもっと起用しようという誘惑に駆られてはいない」

 エプラーGMも「計画とプロセスは全て我々の事前に立てたものに沿っている。これが我々の灯台になる。この灯台を目指し、そこに向かって突き進む。結果やフィールド上で起こることは霧に包まれている。我々は選手を十分にケアし、彼らが活力に漲り、休養十分で、準備万端でいられるようにするだけだ」と語ったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」