野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス本多、第二の故郷で逆転口火 「食らいついて」自画自賛の一打

15日、ソフトバンクは柳田悠岐の逆転サヨナラ弾でロッテに7-6で勝利。ヒーローはもちろん柳田だが、そのサヨナラ劇の口火を切ったのは、高校時代を鹿児島で過ごした本多雄一の一打だった。

ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

高校時代を過ごした鹿児島での試合「プロとしてプレーできるのはやっぱりうれしい」

 15日、ソフトバンクは柳田悠岐の逆転サヨナラ弾でロッテに7-6で勝利。ヒーローはもちろん柳田だが、そのサヨナラ劇の口火を切ったのは、高校時代を鹿児島で過ごした本多雄一の一打だった。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 この日の試合の舞台となった鹿児島・鴨池野球場は、本多が鹿児島実業高校時代に慣れ親しんだ球場だ。「高校時代の3年間を過ごした場所でプロ野球選手としてプレーできるのはやっぱりうれしい」と、毎年の鹿児島遠征を楽しみにしている。

 この日は第4打席まで犠打1つの無安打に抑えられていたが、1点を追う9回に先頭打者として鮮やかなレフト前ヒットを放った。「あそこは食らいついていくだけ。(9回表の)向こうの勝ち越しも1番の荻野からだったので、絶対に負けたくないと思った」という。「1球目のスライダーを見送って(判定ボール)、2球目のストレートをしっかり弾き返せた」と自画自賛。それでも「今日はチームが勝てたことが一番です」と、本多は第二の故郷での勝利を心から喜んだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」