野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、3度目先発の相手は強豪Rソックスに 地元紙は争奪戦の“裏話”紹介

大谷翔平、3度目先発の相手は強豪Rソックスに 地元紙は争奪戦の“裏話”紹介

エンゼルスの大谷翔平投手が先発予定だった15日(日本時間16日)の敵地ロイヤルズ戦は、天候不良のため中止となった。カンザスシティのカウフマン・スタジアムはつららができるほどの厳しい寒さで、風も強かったため、開始直前に中止が発表された。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷を6年間追い続けた男が明かす評価「彼には唯一無二の才能がある」

 エンゼルスの大谷翔平投手が先発予定だった15日(日本時間16日)の敵地ロイヤルズ戦は、天候不良のため中止となった。カンザスシティのカウフマン・スタジアムはつららができるほどの厳しい寒さで、風も強かったため、開始直前に中止が発表された。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は17日(同18日)の本拠地レッドソックス戦にスライド登板する予定。メジャー有数の名門球団レッドソックスは、”大谷獲り”に尽力していた球団の1つだ。地元紙「ボストン・ヘラルド」は、特集記事で争奪戦の“裏話”を紹介。レッドソックスがいかに大谷を高く評価していたかを明らかにしている。

 大谷はここまで2試合に先発して2勝無敗、防御率2.08、計13イニングで18奪三振をマーク。相手はいずれもアスレチックスだった。投手としてメジャー2球団目の対戦相手は、3勝10敗で中地区最下位のロイヤルズから、13勝2敗で東地区トップの強豪レッドソックスに“変更”に。相手先発はメジャーを代表する左腕のデビッド・プライスの予定となっている。

「ボストン・ヘラルド」では、レッドソックスが大谷獲得を切望していた球団の1つであると紹介。100年前に「野球の神様」ベーブ・ルースが13勝&11本塁打と二刀流で活躍した球団でもある。記事には、日本時代の大谷のスカウトを6年間担当したというアラード・ベアード編成担当副社長が登場し、「総意として彼は価値ある選手だという認識をもっていた。開幕からローテーションを任せられ、シーズンの終わりにはエースとなり得る存在だと」「彼がエース級となり得る投手であることは感じていた」と、投手としての評価が高かったことを明かしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」