野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 牧田和久
  • 牧田和久はクラブハウスで絶大な人気者 パドレス幹部に独占インタビュー

牧田和久はクラブハウスで絶大な人気者 パドレス幹部に独占インタビュー

独特のサブマリン投法でアメリカで脚光を浴びているパドレスの牧田和久投手。33歳で悲願のメジャー挑戦を実現させた右腕について、パドレス幹部が単独インタビューに応じ、その移籍の裏側を語ってくれた。

パドレス・牧田和久【写真:Getty Images】
パドレス・牧田和久【写真:Getty Images】

牧田の獲得秘話、パドレス環太平洋オペレーション部長に独占インタビュー

 独特のサブマリン投法でアメリカで脚光を浴びているパドレスの牧田和久投手。33歳で悲願のメジャー挑戦を実現させた右腕について、パドレス幹部が単独インタビューに応じ、その移籍の裏側を語ってくれた。

侍ジャパン、7月と8月は国際大会が目白押し U-15代表は初の世界一、女子代表は6連覇を目指す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「うちのチームGMがテキサス・レンジャーズのGMだったことがすごく大きかった。自分が彼と同じ時期にパドレスに入団したんですけど、当時から牧田のようなピッチャーが欲しいと言っていました。牧田が西武に入ってきたくらいからずっと見ていると思います。GM自身が日本でスカウティングしているわけですから、それがまず大きかった」

 こう語ったのはパドレスの環太平洋オペレーション部長の興梠エーシー氏だった。牧田をNPBデビュー時からスカウティングを続けていたのがAJ・プレラーGM。かつてドジャースで手腕を発揮していた興梠氏と同時期にパドレスにやってきた敏腕強化担当は2004年からレンジャーズの国際・プロフェッショナル部門のスカウティング部長を務めていた。当時ダルビッシュ有投手(現カブス)獲得にも貢献した同氏は足繁く日本に通い、牧田のピッチングも視察していた。

「牧田を知っているGMがいる上に、様々なスカウトに選手1人を見てもらうシステムになっています。特にアジアはGMから、強化部ナンバー2のローガン・ホワイト、プロスカウト部長も現地で視察します。彼ら全員が見た上で判断した。“マキタは面白い。アメリカで通用する”と。ポスティングになってすぐ獲得に行こうと決まりました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」