野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、米でも注目度抜群 経済誌「フォーブス」また特集「米国にも利益」

大谷翔平、米でも注目度抜群 経済誌「フォーブス」また特集「米国にも利益」

ここまで打者として打率.367&3本塁打&11打点、投手として2戦2勝&防御率2.08&18奪三振と圧巻の活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手について、世界有数の経済誌「フォーブス」(電子版)がまたしても特集を組んだ。全米の注目を浴びる二刀流に注目し、すでに特集記事を掲載して「ハンサムで好感が持てる」などと伝えていたが、今回は「ショウヘイ・オオタニがその夢を追い、アメリカが利益を得る」との見出しをつけ、「ベーブ・ルースとの比較は大げさではない」と称賛している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投打で圧巻のパフォーマンス「ベーブ・ルースとの比較は大げさではない」

 ここまで打者として打率.367&3本塁打&11打点、投手として2戦2勝&防御率2.08&18奪三振と圧巻の活躍を続けるエンゼルスの大谷翔平投手について、世界有数の経済誌「フォーブス」(電子版)がまたしても特集を組んだ。全米の注目を浴びる二刀流に注目し、すでに特集記事を掲載して「ハンサムで好感が持てる」などと伝えていたが、今回は「ショウヘイ・オオタニがその夢を追い、アメリカが利益を得る」との見出しをつけ、「ベーブ・ルースとの比較は大げさではない」と称賛している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 投打に渡るハイレベルなパフォーマンスで、日本だけでなく、米国でも話題をさらっている大谷。1本のヒットを打つたびに米メディアは大きく取り上げ、先発登板の日は1球1球が熱視線を浴びている。「フォーブス」までもが特集を組む注目度の高さ。その活躍はまさに“社会現象”となりつつあると言えるだろう。

 記事では、大谷本人だけでなく、家族についても紹介。これまでのキャリアや、エンゼルス移籍までの過程などもあらためて振り返っている。そして、ここまでの活躍について野球専門の米データサイト「ファングラフス」の数値を引用しながら「シーズン最初の2週間を終え、ショウヘイ・オオタニは正しい決断をしたように見える」と伝えている。

 野手として3戦連続本塁打をマークし、投手としてはデビュー2戦目で7回途中まで完全投球を披露。「彼は自身の価値をドラマチックな方法で示した」という表現の通り、まさにプレーそのもので開幕前の“雑音”を封じている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」