野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2回3失点で最短降板 先頭打者弾被弾、制球に苦しみ3勝目ならず

大谷翔平、2回3失点で最短降板 先頭打者弾被弾、制球に苦しみ3勝目ならず

エンゼルスの大谷翔平が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板した。この日は制球に苦しみ、2回までに66球を投じ、自身メジャー最短の降板。3勝目はならなかった。

レッドソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2回で66球投じる

 エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板した。この日は制球に苦戦。2回までに66球を投じ、自身メジャー最短の降板。3勝目はならなかった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 初回、先頭のベッツに対してフルカウントから97マイル(約156キロ)のフォーシームを捉えられ、左中間へソロ弾を被弾。その後、ベニンテンディは二ゴロに仕留めたが、ラミレスにセンター前ヒットを浴びた。それでも、マルティネスをスライダーで空振り三振に仕留めると、デバースは三邪飛に打ち取った。

 しかし2回1死からブラッドリーに右前安打、バスケスに四球で1死一、二塁とするとホルトの左前適時打で0-2。その後、無死満塁からベニンテンディに左翼へ犠牲フライを許して3失点目を喫した。

 この日は制球に苦戦。2回で66球を投じ、この回で降板となった。4安打2四球3失点で防御率3.60となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」