野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2回3失点で3勝目ならず 降板は右手のマメの影響と球団発表

大谷翔平、2回3失点で3勝目ならず 降板は右手のマメの影響と球団発表

エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板した。この日は制球に苦戦。2回までに66球を投じ、自身メジャー最短の降板。3勝目はならなかった。降板について球団側は「マメの影響」と発表した。

レッドソックス戦に先発するも2回3失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦に先発するも2回3失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2回66球で4安打3失点、自身メジャー最短降板

 エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板した。この日は制球に苦戦。2回までに66球を投じ、自身メジャー最短の降板。3勝目はならなかった。降板について球団側は「マメの影響」と発表した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 大谷はこの日、先頭のベッツに左中間へ先頭打者弾を浴びるなど立ち上がりから苦戦。特に変化球の制球に苦しみ、2回も1死からブラッドリーに右前安打、バスケスに四球で1死一、二塁とするとホルトの左前適時打、無死満塁からベニンテンディに左翼へ犠牲フライを許して3失点目を喫した。

 この日は2回66球で4安打2四球3失点。防御率3.60となった。球団側は降板理由について右手のマメの影響とした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」