野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、右手中指のマメが投球に影響も「こういう時にどう工夫するかが課題」

大谷、右手中指のマメが投球に影響も「こういう時にどう工夫するかが課題」

エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦でメジャー3度目の先発登板に臨み、右手中指のマメの影響で2回3失点で降板した。エンゼルスは1-10と大敗し、大谷はメジャー初黒星となった。試合後、レッドソックス打線について「僕の状態うんぬん別として素晴らしいチームだと思った」と話した。

メジャー初黒星を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
メジャー初黒星を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

レッドソックス戦で2回3失点、「素晴らしいチームだと思った」

 エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦でメジャー3度目の先発登板に臨み、右手中指のマメの影響で2回3失点で降板した。エンゼルスは1-10と大敗し、大谷はメジャー初黒星となった。試合後、レッドソックス打線について「僕の状態うんぬん別として素晴らしいチームだと思った」と話した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この日の大谷は変化球のコントロールに苦戦。スプリットやスライダーなどの決め球が思うように決まらず、球数がかさんだ。先頭のベッツにいきなりソロ弾を浴びると、2回にも2失点。2回66球、4安打2四球3失点でメジャー初黒星を喫した。

 試合後は右手中指のマメについて「どのくらいでよくなるかは大体でしかわからない。1日1日様子をみて。あとは、通常通り回っていく準備はやっていく感じで(やりたい)」と説明。この日の投球への影響について問われると、「フォークボールはひっかけてましたし、真っすぐもイマイチ指のかかりはよくなかったし、スライダーにいたっては右バッターのほうに抜けていく感じが多かった」と振り返った。

 また、「僕はもう少しいきたかった」という大谷だが、メディカルスタッフと相談して降板。一方、「シーズン過ごしてればこういうことはある」と話し、「シーズンの最初ということも踏まえての降板」との見方を示した。

 一方、「毎試合毎試合調子がいいことはない。むしろ、こういう調子が悪い試合が半分以上だと思っている。こういう時にどう工夫していくかは課題。それはどのピッチャーも一緒だと思う。そこは今後勉強するところ」と課題を口にした大谷。レッドソックスの強力打線には「僕の状態うんぬん別として素晴らしいチームだと思った」と印象を語り、映像で研究して臨んだというが、「改めてやってみても素晴らしい打線だと感じた。次回対策できるように工夫したい」と話した。

 また、マメについて打撃への影響は「ないと思います」。今後は打者としてもレッドソックスにリベンジする機会はありそうだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」