野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武に2ゲーム差の“常勝軍団”ホークス 怪我人続出のチーム状況でも4連勝

“定位置"にじわりと近付いてきた。福岡ソフトバンクが17日に楽天を下して4連勝。東浜巨投手が今季初勝利。代打策もはまり、逃げ切った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

サファテが登板回避&中村晃が離脱も…東浜が初勝利、工藤監督「勝つと気持ちも違う」

 “定位置”にじわりと近付いてきた。福岡ソフトバンクが17日に楽天を下して4連勝。東浜巨投手が今季初勝利。代打策もはまり、逃げ切った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 狙っていたカーブを振り抜き、勝利を手繰り寄せた。7回、代打で登場した福田が右翼に今季1号。「何とか1点欲しいと思って打席に入った。入ってくれと願いながら走っていました」と、お立ち台で会心の一撃を振り返った。6回に楽天の今江、岡島と2本塁打が飛び出し、1点差に追い上げられていた嫌な流れの状況での一発。「もう1点あればというときの福田君の一発だった」と、代打策が的中した工藤監督もご満悦の表情だった。

 相手先発の岸を序盤から攻めた。2回1死一塁、松田が左中間へ3号2ラン。「(亜細亜大の)後輩の東浜が、まだ勝ちがついていなかったので、点が取れて良かった。感触は良かったのでいったと思った」と、手ごたえ十分の当たり。“熱男”の一撃でヤフオクドームを沸かせると、3回1死一塁、柳田が3試合連続となる2ランを右翼へ突き刺して4点目を奪った。

 先発の東浜は6回途中3失点。130球を要し、3四球と本来の姿ではなかったが、工藤監督は「勝つと気持ちも違うし、次への思いも違う」と、3試合目での今季初勝利を祝福した。

 4連勝で貯金を3に伸ばし、連敗を喫した埼玉西武に2ゲーム差としたが、不安材料もある。9回、守護神のサファテではなく、モイネロ、森のリレーで逃げ切った。「ちょっと下半身に不安があるので、きょうは使いませんでした」と工藤監督。サファテは15日の千葉ロッテ戦の9回に登板し失点。昨年、72試合に登板した岩嵜は右ひじの手術による長期離脱中で、日本一の原動力となった中継ぎ陣が心配な状況だ。

 さらに6回2死三塁、この日3安打を放っていた三走の中村晃を交代。工藤監督は詳細を伏せつつ「大事になっていないことを祈るしかない」と、険しい表情を見せていたが、一夜明けた18日に右大腿二頭筋の軽度筋損傷で全治2~3週間を要する見込みであることが発表された。

 ともあれ、4連勝で首位に迫ってきた常勝軍団。投手陣の不安は拭えないが、この日見せた3本塁打が象徴するように、頼もしき強力打線がカバーしてくれそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」