野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、右手中指のマメは打撃に影響なし 指揮官「あまり心配していない」

大谷翔平、右手中指のマメは打撃に影響なし 指揮官「あまり心配していない」

17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板したエンゼルスの大谷翔平投手。チームも1-10と大敗し、メジャー初黒星を喫した。この日は右手中指のマメの影響もあり、制球に苦戦。試合後、マイク・ソーシア監督はスプリットへの影響を語りつつ、打撃面には影響しないとの見解を示した。

ダグアウトでソーシア監督(右)とタッチを交わすエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ダグアウトでソーシア監督(右)とタッチを交わすエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2回3失点でメジャー初黒星、指揮官「全体的に制球に苦しんだ」

 17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で2回3失点で降板したエンゼルスの大谷翔平投手。チームも1-10と大敗し、メジャー初黒星を喫した。この日は右手中指のマメの影響もあり、制球に苦戦。試合後、マイク・ソーシア監督はスプリットへの影響を語りつつ、打撃面には影響しないとの見解を示した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この日、大谷はスプリットやスライダーなどの決め球が思うように決まらず、球数がかさんだ。先頭のベッツにいきなりソロ弾を浴びると、2回も2安打、2四球などで2失点。2回66球、4安打2四球3失点でメジャー初黒星を喫した。

 試合後、指揮官は右手中指のマメが投球に影響したことを認め、「全体的に制球に苦しんだ。特にいくつかの変化球に苦しんだんじゃないだろうか」と分析。一方、マメの打撃面への影響は否定し、「どれくらいで治るか? 次の登板まで。日本でもあったのであまり心配していない」と話し、次回登板は柔軟に決めていく方針を示した。大谷自身も打撃への影響については否定しており、DHでの出場は問題なさそうだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」