野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

他球団も羨む? 竜モヤ&鷹グラシアル大暴れ、ファームでチャンス待つ助っ人

プロ野球界は各球団が15試合前後を消化し、対戦は一巡した。セ・リーグではDeNAが17年ぶりの8連勝を遂げる一方で、昨季の王者である広島も白星に白星を重ねている。17日にリーグ1番乗りで10勝に到達した広島が首位の座をDeNAから奪い返した。巨人は波に乗れず、リーグ最速で10敗に到達。17日に山口俊が14奪三振完投の好投でDeNAの連勝を止めたが、それでもなお最下位に沈んでいる。

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:福谷佑介】
ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:福谷佑介】

ソフトバンクのグラシアルは打率5割、中日のモヤは打率.389

 プロ野球界は各球団が15試合前後を消化し、対戦は一巡した。セ・リーグではDeNAが17年ぶりの8連勝を遂げる一方で、昨季の王者である広島も白星に白星を重ねている。17日にリーグ1番乗りで10勝に到達した広島が首位の座をDeNAから奪い返した。巨人は波に乗れず、リーグ最速で10敗に到達。17日に山口俊が14奪三振完投の好投でDeNAの連勝を止めたが、それでもなお最下位に沈んでいる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 パ・リーグは西武が開幕8連勝を飾ってスタートダッシュに成功し、首位に立っている。昨季の日本一であるソフトバンクは波に乗れないながらも自力の高さを発揮して2位まで順位を上げてきた。スタートダッシュに失敗したのはオリックス、楽天。ともにすでに10敗超を喫している。

 各球団の浮沈を左右する一因となるのが、助っ人外国人の存在。開幕して2週間半を過ぎた中で、存在感を際立たせている助っ人として真っ先に名前が出るのが中日のソイロ・アルモンテ。守備の拙さはあるものの、ここまでリーグトップの打率.407、15打点をマークして目下、2冠王。本塁打も2位タイの4本塁打を放っている。得点圏打率も.625と驚異的な数字を残しており、早くも“当たり”の声が飛ぶ。

 セ・リーグではヤクルトのブキャナンや阪神のメッセンジャー、中日のガルシアが早くも2勝をマーク。パ・リーグでは日本ハムのマルティネスが、白星にこそ恵まれていないものの、防御率1.96と安定感を見せ、チームメートのトンキンもリリーフで好投。一方、ソフトバンクのサファテは早くもリーグトップの5セーブをマークしたが、股関節の張りにより離脱が決まった。

 そんな中で、ファームで虎視眈々とチャンスをうかがっている外国人選手も。今や、各チーム4枠の外国人枠を超える助っ人を抱えることは珍しくなくなり、支配下で5人ないし6人、多いと7人超が所属することも。枠の影響で2軍暮らしとなっていながら、ここまでファームで目を見張るほどの結果を残している助っ人もいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」