野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

怪我人続出の中で5連勝のホークス工藤監督「みんなで力を合わせていく」

ソフトバンクが苦境の中で5連勝を飾った。18日、ヤフオクドームで行われた楽天戦。先発のバンデンハークが7回2失点に封じる好投を見せると、打線も5得点を奪って5-2で勝利し、4カード連続の勝ち越しで貯金を今季最多の4に。工藤公康監督は試合後「みんががいないところを補っていこうというのが1番大事かなと思います。怪我をしたくてしているわけではないので」と語った。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

18日の楽天戦はバンデンハークが7回2失点の力投で勝利

 ソフトバンクが苦境の中で5連勝を飾った。18日、ヤフオクドームで行われた楽天戦。先発のバンデンハークが7回2失点に封じる好投を見せると、打線も5得点を奪って5-2で勝利し、4カード連続の勝ち越しで貯金を今季最多の4に。工藤公康監督は試合後「みんががいないところを補っていこうというのが1番大事かなと思います。怪我をしたくてしているわけではないので」と語った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2回2死二、三塁のチャンスを作ると、甲斐が中前への2点適時打を放って先制。左腕対策として起用された1番の川島も左前適時打を放ち、この回3点を奪った。1点差に迫られた7回には満塁としてデスパイネの内野ゴロの間に1点を加え、松田の犠飛でリードを広げた。

 先発のバンデンハークは初回、いきなり1死一、三塁のピンチを背負ったものの、無失点に切り抜けると、2回以降尻上がりに調子を上げた。4回に昨季までチームメートだった山下に左翼線への適時二塁打を浴び、6回にはアマダーにソロ。それでも2点にまとめ上げ、リリーフ陣が苦しい中で7回まで投げ抜いた。指揮官も「よく投げてくれました。途中は何球になってしまうんだろうというのはありましたけどね」と右腕の力投を称えた。

 この日の試合前に、右大腿二頭筋肉離れの中村晃、そして右股関節の張りを訴えた守護神のサファテが登録を抹消。岩嵜も右肘手術で欠き、救援陣は危機的状況を迎えていた。その中でオランダ人右腕が7回まで投げると、8回はモイネロ、そして9回は森唯斗に託して逃げ切った。2人の柱を欠く中で、今後の勝ちパターンについて「この形が続くかなと思います。投げる順番が逆になることもあるとは思いますけど。2人にかかる負担は大きくなるので、その辺は考えてやっていかないといけない」とした。

 7回には主砲の内川聖一が右膝に死球を受けて途中交代。試合直後の段階で工藤監督は「詳細はこれから聞きます」とだけ話した。岩嵜、サファテ、和田、そして症状は明らかになっていない内川…。故障者続出の厳しい状況に指揮官は「みんなでカバーして、いい状態でいないといけない。帰ってくるまで力を合わせていきたい」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」