野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス「甲斐キャノン」また炸裂 バント処理で二塁へ強烈送球→併殺完成

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、またも「キャノン砲」を炸裂させた。18日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。7回にチームを救うビッグプレーが飛び出した。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

1点リードでチームを救うビッグプレーに

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、またも「キャノン砲」を炸裂させた。18日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。7回にチームを救うビッグプレーが飛び出した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 1点リードで迎えたこの回、先発のバンデンハークが先頭の山下斐紹に中前安打を浴びて出塁を許した。続く八百板卓丸の打席で、楽天ベンチは送りバントを選択。1球失敗した後の2球目は三塁寄りへのゴロに。これに出足良く飛び出したのが捕手の甲斐だった。素早く打球を処理すると、二塁へ矢のような送球で封殺。さらに遊撃・今宮が一塁へと転送し併殺を完成させた。

 1点差での場面。走者が二塁に進むと、同点の走者が得点圏に進むピンチとなっただけに、ゲームの行方を大きく左右するワンプレーに。ソフトバンクはその裏に松田の犠飛などで2点を追加し、負傷者続出の中で5-2で勝利をつかんだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」