野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAドラ1東がGキラー襲名!2戦連続巨人斬りで2勝目 8回途中4安打無失点

DeNAのドラフト1位ルーキー・東克樹投手が19日、横浜スタジアムで行われた巨人戦に先発。7回1/3、4安打無失点の好投で2勝目を挙げた。プロ初勝利を挙げた前回登板も巨人戦(12日)で2試合連続で巨人から白星を挙げた。

DeNA vs 巨人の試合結果
DeNA vs 巨人の試合結果

12日のプロ初勝利に続き巨人相手に2連勝

 DeNAのドラフト1位ルーキー・東克樹投手が19日、横浜スタジアムで行われた巨人戦に先発。7回1/3、4安打無失点の好投で2勝目を挙げた。プロ初勝利を挙げた前回登板も巨人戦(12日)で2試合連続で巨人から白星を挙げた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 140キロ台後半の直球にカーブ、スライダーを交え巨人打線を翻弄した。初回1死から吉川尚に四球を与えたが続くゲレーロを三直併殺に打ち取り流れに乗った。

 2回は1死から岡本に二塁打を浴びたが中井、長野を凡打に打ち取る。その後は危なげない投球で7回まで巨人打線を3安打に抑え無失点ピッチングが続く。打線は初回に2死から一、三塁のチャンスを作ると宮崎、嶺井、桑原の3連続タイムリーでいきなり3点を先制しルーキーを援護した。

 完封も見え始めた東は8回のマウンドへ。1死から小林に四球を与えると、続く代打・大城に中前打を浴び1死一、二塁とするとラミレス監督はベンチを出て主審に交代を指示。2番手でパットンがマウンドに上がり坂本、代打・阿部を打ち取り無失点で切り抜けた。

 東は7回1/3、4安打無失点、113球の好投でプロ2勝目。チームは17日に連勝が8でストップしていたが、再び勢いを取り戻す起点となるルーキーの快投劇だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」