野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャーで早くも解任劇 3勝15敗レッズがプライス監督と投手コーチ更迭

メジャーで早くも解任劇 3勝15敗レッズがプライス監督と投手コーチ更迭

レッズは19日(日本時間同日深夜)、ブライアン・プライス監督とマック・ジェンキンス投手コーチを解任したと発表した。

解任となったレッズのブライアン・プライス監督【写真:Getty Images】
解任となったレッズのブライアン・プライス監督【写真:Getty Images】

勝率わずか.167、監督代行にはリグルマン・ベンチコーチ

 レッズは19日(日本時間同日深夜)、ブライアン・プライス監督とマック・ジェンキンス投手コーチを解任したと発表した。監督代行にはベンチコーチのジム・リグルマン氏が就き、傘下3A監督のパット・ケリー氏がベンチコーチ、傘下2Aのダニー・ダーウィン投手コーチがメジャーの投手コーチに就任するという。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 開幕からわずか3週間で解任だ。レッズはここまで3勝15敗と大きく負け越し、勝率はわずか.167。早期のテコ入れに着手する方針に切り替えたようだ。

 今季5年目だったプライス監督は、2014年の就任以来一度もプレーオフ進出を果たせず。今季は開幕前から、成績次第ではシーズン途中での解任の可能性も噂されていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」