野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム吉井コーチ、53歳バースデーに最高プレゼント 鷹打線抑えた2投手を称賛

日本ハムの吉井理人投手コーチが20日、本拠地でのソフトバンク戦で今季5セーブ目を挙げた石川直也投手を称えた。

日本ハム・吉井理人投手コーチ【写真:Getty Images】
日本ハム・吉井理人投手コーチ【写真:Getty Images】

若き守護神・石川直に「バッター勝負」

 日本ハムの吉井理人投手コーチが20日、本拠地でのソフトバンク戦で今季5セーブ目を挙げた石川直也投手を称えた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2-1で迎えた9回、鶴岡慎也捕手が二盗を阻止して2死までこぎつけた後、2者連続四球を与えた場面でマウンドへ。逆転の走者が一塁にいるため、重盗もケアしなければいけない場面だが、伝えた言葉は「ランナーは気にせずバッター勝負しろ」だった。

「自分もクローザーをやったことがありますが、ああいう場面は割り切って投げないと抑えられない」と経験を踏まえた上での助言だった。その言葉に応えるように、21歳の守護神は川島を中飛に打ち取って、しびれる試合をものにした。

 石川直は前回登板した18日西武戦では1点リードの9回に登板し、1死も奪えずに逆転サヨナラ負け。2試合連続失敗するわけにはいかなかった。「まだ発展途上の子なので、結果がいい方に出て良かった」と吉井投手コーチは評価した。

 先発して8回7安打1失点だったマルティネス投手についても称賛した。「あまり調子が良さそうではなかったけれど、コースか低さ、どっちかを頑張ろうとしていた。いつもは両方できるんだけどね」と投手陣のお手本になるような粘り強い投球を褒めた。

 この日は吉井投手コーチの53回目の誕生日。ソフトバンク打線を1点に抑えての勝利は、最高のプレゼントだった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」