野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、今季初勝利ならず 5回に突如崩れて5失点KO、防御率6.86に

カブスのダルビッシュ有投手は21日(日本時間22日)、敵地ロッキーズ戦に登板し、4回2/3を投げて5安打4四球5失点4奪三振と乱調に終わった。4回まで1安打の好投も、5回に3四球を与えるなど突如崩れて5失点でKO。今季4試合目の登板でも初勝利、日米通算150勝目はならなかった。

今季4試合目の登板でも白星を逃したカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
今季4試合目の登板でも白星を逃したカブスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

今季4試合目の登板でも白星ならず、4回まで1安打も…5回に3四球を与えるなど崩れる

 カブスのダルビッシュ有投手は21日(日本時間22日)、敵地ロッキーズ戦に登板し、4回2/3を投げて5安打4四球5失点4奪三振と乱調に終わった。4回まで1安打の好投も、5回に3四球を与えるなど突如崩れて5失点でKO。今季4試合目の登板でも初勝利、日米通算150勝目はならなかった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 高地で打球が飛ぶために打者有利とされるクアーズ・フィールドで自身初登板となったダルビッシュ。初回にカブスがコントレラスの2点タイムリーで先制し、援護をもらった状態でマウンドに上がると、ラメーヒューを右飛、パーラーを中飛、ブラックモンを見逃し三振と3者凡退のスタートを切った。

 2回も主砲アレナドを三ゴロ、ストーリーを空振り三振、マクマホンを一ゴロ。3回は先頭トークマンを右飛に仕留めた後、ウォルターズに四球を与えて初めての走者を出し、ピッチャーのアンダーソンは犠打で2死二塁のピンチに。ラメーヒューにはセンターへの大飛球を打たれるも、アルモーラJrが背走してスーパーキャッチ。ダルビッシュは味方の美技に助けられた。

 4回もパーラを中飛、ブラックモンを空振り三振に仕留めて2アウト。アレナドにはカットボールをライト前に運ばれ、初ヒットを許したが、続くストーリーは見逃し三振に打ち取った。

 しかし、5回はマクマホンを1球で一ゴロに仕留めるも、トークマンは四球。ウォルターズは中飛に打ち取ったが、続くピッチャーのアンダーソンにも四球を与えてしまう。2死一、二塁となり、ラメーヒューには左中間への二塁打を浴びて1点差。さらに、パーラにはセンター前への2点タイムリーを許し、逆転された。

 続くブラックモンにもフルカウントから四球。このイニング3つ目の四球で2死一、二塁とされ、アレナドにはレフト前にタイムリーを浴びて4失点目。さらに、ストーリーにはレフト線への適時二塁打を打たれて5失点となり、ここで降板となった。

 この日は94球を投げてストライクは59球。防御率は6.86と試合前の6.00からさらに悪化した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」