野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム西川が今季初猛打賞で復調の狼煙 指揮官は「チームの核」と絶大な信頼

日本ハムの西川遥輝外野手が22日、本拠地でのソフトバンク戦で今季初の猛打賞を記録。2号3ランを含む3安打4打点で宿敵を撃破した。

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】
日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

初回に先制ホーム、6回にダメ押し3ランで快勝に牽引

 日本ハムの西川遥輝外野手が22日、本拠地でのソフトバンク戦で今季初の猛打賞を記録。2号3ランを含む3安打4打点で宿敵を撃破した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 0-10と屈辱的な完敗を喫した前日の嫌なムードを一振りで変えた。3試合ぶりに「1番」に戻った西川が初回、プロ初先発のルーキー高橋礼投手をいとも簡単に捉えた。カウント2-1からの直球を左前へ。「アンダースローはそこまで未経験でもないので。(パドレスの)牧田さんだと思って立ちました」と下手投げ攻略のお手本を示し、無死満塁から中田翔内野手の犠飛で先制のホームを踏んだ。

 6-2で迎えた6回1死一、三塁の場面では、フルカウントから田中正義投手のスライダーを右翼席へ放り込んだ。「犠牲フライを打とうと思っていました。フルカウントになってランナーがスタートするので、当てれば何か起こると。相当詰まったので入ると思わなかったけれど、角度が良かったですね」とダメ押しの3ランを振り返った。

 この日の3安打で打率を.221まで上げたものの、求められる数字とは程遠い。それでも栗山英樹監督の評価は変わらず。「チームの核。なかなか数字が残らず悔しい思いをしていると思うが、やるべきことをやっている。四球を取りにいったり、守備で貢献したり。数字ではないところの貢献の仕方をわかっている選手。必ず最後には結果が残る。心配していない」と、指揮官は絶大な信頼を口にしている。

 試合後にはサプライズでお立ち台に登場。中田にバースデーケーキをプレゼントしてファンを喜ばせた。「(ケーキが)顔に来るかと覚悟していた」と言う中田に対して、「『それだけはやめてくれ』と広報から言われていたので」と大人の対応に徹した西川。いたずら心は封印しても、本拠地のファンとともに味わった快勝の余韻には便乗する。

「中田さんの誕生日にいい形で勝てたので、僕にとってもいいきっかけになれば」と明るい表情で球場を後にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」