野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、メジャー初「4番・DH」で先発 57年ぶり“偉業“も2打席連続三振

大谷翔平、メジャー初「4番・DH」で先発 57年ぶり“偉業“も2打席連続三振

エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦に「4番・DH」で先発出場。メジャー移籍後初めて4番、そしてクリーンアップに入り、2打席連続空振り三振に倒れた。

第2打席、空振り三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席、空振り三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

プホルス休養で「4番・DH」で出場、指揮官は「いろんな経験積ませたい」

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦に「4番・DH」で先発出場。メジャー移籍後初めて4番、そしてクリーンアップに入り、2打席連続空振り三振に倒れた。1シーズンで3試合以上先発登板している選手が4番で出場したのは、メジャーではベーブ・ルース、ジョージ・シスラーらを含めて史上16度目&13人目。1961年のドン・ラーセン以来、57年ぶりの“偉業”となった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 相手の先発クエトは変則的なトルネード投法でも知られる右腕。この試合の前まで防御率0.45と好調を維持している。大谷は0-0で迎えた初回1死一塁の場面ではカウント1-2からチェンジアップを振って空振り三振。しかし、2球目の直球を左翼ファウル席へ大ファウルとする場面もあった。

 そして、0-3とリードを奪われて迎えた4回の第2打席では変則的なフォームに完全にタイミングを外され、カウント0-2からチェンジアップに2打席連続空振り三振に倒れた。

 開幕から「8番・DH」で出場を続けた大谷は13日(同14日)の敵地ロイヤルズ戦で初めて「7番・DH」に昇格し、19日(同20日)の本拠地レッドソックス戦からは「6番・DH」で2試合に出場。21日(同22日)の本拠地ジャイアンツ戦はスタメンから外れ、出場機会がなかった。

 1日の休養をはさみ、この日は初めて4番に。試合前、マイク・ソーシア監督は「いろんな経験を積んでもらいたい」などと話していた。大谷はこの日、試合前にブルペンで投球練習も行った。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」