野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、レギュラー再獲得狙う7年目“侍野手”「初心を忘れずに、1打席に」

日本ハムの松本剛内野手がブレークのきっかけをつかんだのは、ちょうど1年前だった。昨年4月23日の西武戦で1軍昇格して「2番・右翼」で即先発出場すると3打数2安打1打点の活躍。続く25日のソフトバンク戦では、千賀からプロ初本塁打を含む2本のアーチを架けて、周囲を驚かせた。

日本ハム・松本剛【写真:石川加奈子】
日本ハム・松本剛【写真:石川加奈子】

昨年11月、今年3月には侍ジャパンにも選出

 日本ハムの松本剛内野手がブレークのきっかけをつかんだのは、ちょうど1年前だった。昨年4月23日の西武戦で1軍昇格して「2番・右翼」で即先発出場すると3打数2安打1打点の活躍。続く25日のソフトバンク戦では、千賀からプロ初本塁打を含む2本のアーチを架けて、周囲を驚かせた。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&日本ハム戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 一度つかんだチャンスを手放さず、シーズン後半には2番打者に定着。プロ6年目で初めて規定打席に到達し、打率.274、5本塁打の成績を残した。シーズン終了後には侍ジャパンに選出され、昨年11月には「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」、今年3月には「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」に出場した。

 あれから1年。チーム再構築を掲げて競争をあおる栗山英樹監督の下、松本は開幕スタメンを逃し、先発出場はまだ6試合にとどまっている。22日現在、24打数3安打で打率.125。昨オフには「2年続けないと意味がない。とにかくレギュラーを獲りたい」と自分にハッパをかけていただけに、もどかしい思いを抱えているのではないか。そんな予想は見事に裏切られた。松本の表情は明るかった。充実感にあふれていると言ってもいいほどだった。

「(2軍スタートだった)去年に比べたら、いい位置にいますから。結果が出ていないので、何とも言えないんですけど、練習の感じは悪くないんです。久しぶりに札幌ドームに戻ってきて、練習できる量が増えているし、自分の時間が取れるので、いい方向に行っています。結果の世界なので『H』のランプがつけば、気持ちも変わると思うんです。もちろん、過程も大事にしたいと思っています」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」