野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム、大田2打席連発などで7カード連続初戦勝利 オリ金子は今季最短KO

日本ハムが接戦を制し、7カード連続でカード初戦に勝利した。24日、本拠地・札幌ドームで行われたオリックス戦。大田泰示外野手の2打席連発などで4点を奪うと、先発の上沢直之投手からの継投でリードを守り抜いた。これで日本ハムは火曜日4連勝となった。

大田泰示の2打席連続アーチなどで日本ハムが勝利
大田泰示の2打席連続アーチなどで日本ハムが勝利

大田は3回に3号ソロ、4回に4号2ランと2イニング連続勝ち越し弾

 日本ハムが接戦を制し、7カード連続でカード初戦に勝利した。24日、本拠地・札幌ドームで行われたオリックス戦。大田泰示外野手の2打席連発などで4点を奪うと、先発の上沢直之投手からの継投でリードを守り抜いた。これで日本ハムは火曜日4連勝となった。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 初回に中田翔の併殺崩れの間に1点を先制すると、同点とされた3回に大田が右翼席への3号ソロ本塁打で勝ち越しに成功。再び同点とされた4回にはヒットで出塁した中島を二塁に置いて、再び大田が左翼スタンド中段へと飛び込む2打席連発の4号2ランを放って勝ち越した。

 先発の上沢は5回8安打3失点で降板。制球に苦しみ5つの四球を与えるピッチングとなったが、なんとかリードした状態でリリーフにつないだ。6回からはルーキー西村、宮西、石川直が無失点リレー。8回1死三塁で清水がセーフティースクイズを決めて2点差とすると、9回はトンキンが締めて逃げ切った。近藤が初回に左前安打、3回に二塁打、4回には三塁打を放ちサイクル安打に王手をかけたものの、7回の第4打席は二ゴロに終わり、21日のソフトバンク柳田に続く大記録達成はならなかった。

 オリックスは先発の金子千尋が9安打2本塁打で4点を失い、今季最短の3回2/3でノックアウト。今季4試合目の先発だったが、またしても勝利をあげることができずに3敗目を喫した。打線もマレーロが本塁打争いトップタイに並ぶ7号ソロを放ったが、空砲に。8つの四球をもらうなどチャンスはあったが、生かし切れなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」