野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

思考が「飛んだ」― ハム清水が無我夢中で決めたスクイズ

日本ハムの清水優心捕手が強肩とスクイズでチームを救った。24日のオリックス戦(札幌ドーム)、4-3と1点リードで迎えた8回だった。2死一塁で二盗を試みたオリックスの安達を刺して、ピンチの芽を摘んだ。

日本ハム・清水優心【写真:石川加奈子】
日本ハム・清水優心【写真:石川加奈子】

強肩も披露、「刺せて良かった」

 日本ハムの清水優心捕手が強肩とスクイズでチームを救った。24日のオリックス戦(札幌ドーム)、4-3と1点リードで迎えた8回だった。2死一塁で二盗を試みたオリックスの安達を刺して、ピンチの芽を摘んだ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「遅かったですけど、刺せて良かったです。(スタートが)見えてなくて、中嶋さんに怒られましたけど」とホッとした表情を浮かべた。反応が遅れたにも関わらず、高めのボールを捕球後に素早くストライク送球を送り、その強肩ぶりを見せつけた。

 その裏の攻撃では、1死三塁でスクイズを決めて、貴重な追加点を奪った。実は、心の準備をする余裕は全くなかったという。直前にオリックス・黒木が投じた直球が顔の近くを襲い、派手に倒れ込んだからだ。「頭(付近)にボールが来て、ウワーと思って。(思考が)飛んでいました」と振り返るが、カウント1-1からのサインに無我夢中でバットを出し、投前に転がした。

「あの1点は大きかったですね。今日は勝てたことが一番です」と充実感を漂わせて球場を後にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」