野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、163キロ連発の粘投も降板後に3勝目消滅 エ軍は乱打戦制し首位再浮上

大谷、163キロ連発の粘投も降板後に3勝目消滅 エ軍は乱打戦制し首位再浮上

エンゼルスの二刀流右腕・大谷翔平が24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦でメジャー4度目の先発マウンドに上がったが、3勝目はならなかった。自己最速の162キロを計時するなど粘投を見せ、1点リードの6回1死一塁の場面で降板したが、直後に2番手の左腕アルバレスが逆転2ランを被弾。大谷の勝ち星が消えた。それでもエンゼルスは再逆転に成功し、8-7で2連勝。これでア・リーグ西地区首位に再浮上した。

アストロズ打線相手に6回途中4失点と粘投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ打線相手に6回途中4失点と粘投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷降板後に救援左腕が逆転2ラン被弾、3勝目消える

 エンゼルスの二刀流右腕・大谷翔平が24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦でメジャー4度目の先発マウンドに上がったが、3勝目はならなかった。自己最速の162キロを計時するなど粘投を見せ、1点リードの6回1死一塁の場面で降板したが、直後に2番手の左腕アルバレスが逆転2ランを被弾。大谷の勝ち星が消えた。それでもエンゼルスは再逆転に成功し、8-7で2連勝。これでア・リーグ西地区首位に再浮上した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前回登板で右手中指のマメの影響で2回3失点で降板していた大谷。初回、先頭のスプリンガーに右前安打を浴びたものの、2年連続首位打者で昨季MVPのアルトゥーベを中飛、コレアを三振に打ち取ると、ここで飛び出したスプリンガーもアウトで併殺とした。

 2回はレディック、グリエルから見逃し三振を奪い、初回から3連続奪三振。だが、続くブレグマンに左翼線二塁打、マキャンに四球を与えると、ゴンザレスに右前適時打を浴び1点を失った。

 3回は先頭のフィッシャーに四球を与えたが、続くスプリンガーを一邪飛、アルトゥーベをスライダーで空振り三振。コレアには四球を与えたが、続くレディックは100.6マイル(約162キロ)の直球で追い込むと空振り三振を奪い無失点に抑えた。4回も先頭のグリエルに中前打を浴びたが後続を抑えた。

 しかし、4-1とリードし勝利投手の権利がかかった5回。先頭のゴンザレスを四球、続くフィッシャーにバックスクリーンへ痛恨の2ランを被弾。続くスプリンガーにも右前打を浴びたが、アルトゥーベを見逃し三振、コレアを二飛、レディックには101マイル(約163キロ)を2度、計測するなど右飛に打ち取った。

 6回も続投した大谷は先頭のグリエルに四球、ブレグマンを空振り三振としたところで降板。この時点で1点差リードで3勝目の権利を持っていたが、直後、2番手左腕アルバレスがマッキャンに逆転2ランを浴び、大谷の白星が消えた。

 しかしエンゼルスは7回に4点を挙げて再逆転に成功。乱打戦を制して勝利した。大谷はこの日、5回1/3でメジャー自己最多の98球を投げ、6安打7奪三振5四球で4失点。防御率は4.43となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」