野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武相手に力負けで5.5差…ホークス工藤監督「四球ですよ」

ソフトバンクは25日、西武に6-12の大敗。山川穂高に2本塁打、7打点を許すなど、好調な西武打線を止めることはできなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

先発バンデンハークは6回途中10失点

 ソフトバンクは25日、西武に6-12の大敗。山川穂高に2本塁打、7打点を許すなど、好調な西武打線を止めることはできなかった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 西武打線は、試合開始前の段階で1番・秋山翔吾から7番・栗山巧まで全員が打率3割以上、さらに1番から6番・外崎修汰まで全員が2桁打点という超ド級のラインナップ。この打線を相手に無駄な四球を出してしまっては傷口を広げるだけだ。

 3回表、バンデンハークはヒットと2つの四球で満塁とされると山川穂高に8号満塁弾を許して4失点。さらに外崎にも2ランを浴びて一挙6点を失った。6回にも下位打線への連続四球をきっかけに1点を失うと、2番手・岡本健も山川の28打点目となる3ランなどを許して、この試合2度目の6失点イニングとなった。

 工藤公康監督も「四球ですよ」と、結果的に大量失点へとつながった四球に手厳しい評価を下した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」