野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク早出特打に強力“助っ投” 柳瀬、新垣、金子が打撃投手務める

26日、ソフトバンクのアーリーワーク(早出特打)の打撃投手に、OB選手たちが続々と登板した。豪華面々の中には、2016年限りで現役を引退し、昨季からソフトバンクの球団職員となった新垣渚の姿もあった。

打撃投手を務めた新垣渚氏【写真:藤浦一都】
打撃投手を務めた新垣渚氏【写真:藤浦一都】

村松コーチは満塁弾ネタに新垣を冷やかす

 26日、ソフトバンクのアーリーワーク(早出特打)の打撃投手に、OB選手たちが続々と登板した。豪華面々の中には、2016年限りで現役を引退し、昨季からソフトバンクの球団職員となった新垣渚の姿もあった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ヤフオクドームでの試合開催日、全体練習前に行われるアーリーワーク。通常は藤本博史打撃コーチらが打撃投手を務めるが、この日はちょっと豪華なOBリレーが見られた。

 最初に“登板”したのは柳瀬明宏。2006年から2016年までソフトバンクに所属し、2017年には阪神に移籍。その年に引退し、現在はソフトバンクのスポーツ振興部に所属している。2番手は、ダイエー時代から背番号18を背負って活躍した新垣渚。ヤクルトにトレード移籍した後に現役引退。現在は柳瀬と同じくスポーツ振興部に所属して子供たちに野球の楽しさを教えている。3番手は、元内野手で現在は球団広報を担当する金子圭輔だ。

 柳瀬と金子はこれまでも早出で打撃投手を務めたが、新垣はこの日が“初登板”。その光景を見た村松有人コーチは「いいね、渚。俺に満塁ホームラン打たれたくらいだから打ちやすいよ」と、2004年3月に新垣から放った自身初の満塁弾をネタに冷やかしていた。

 ボールが大きく逸れると「さすが日本記録保持者やな」と1試合5暴投の記録をネタにする場面も。そんな周囲の雑音にもめげず、新垣は甲斐拓也、福田秀平、上林誠知らの後輩を相手に、気持ちよさそうに“打たれまくって”いた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬