野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム清宮5戦4発と量産態勢、栗山監督評価も1軍昇格のタイミングは明言避ける

日本ハムの清宮幸太郎内野手が26日、イースタン・リーグ楽天戦(鎌ケ谷)で4号本塁打を放った。

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

57歳の誕生日迎えた栗山監督「せっかくなら3つ取りたい」

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が26日、イースタン・リーグ楽天戦(鎌ケ谷)で4号本塁打を放った。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「3番・一塁」で先発出場した清宮は、初回の第1打席、楽天・戸村から右越えに先制ソロアーチ。20日に初本塁打を放ってから5戦4発と量産している。

 栗山英樹監督は札幌ドームでのオリックス戦前に「良かったよね。あとは体の状態だね」と語った。

 1軍昇格のタイミングについては「本当に色々な兼ね合いがある。考え方次第だから。ただ、一つだけ間違いなく言えるのは、ベンチに座っていてはいけない、1軍でも、2軍でも。今は野球をやるべき」と話した。

 この日は栗山監督の57歳の誕生日。チームは3連勝と勢いに乗っており、「せっかくなら(同一カード)3つ取りたい。今日は大事ない試合。目一杯いくよ」と4連勝へ気合いを入れていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」