野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷163キロに反響「こんな剛速球は御免」 体感速度は165キロ超で今季1位!?

大谷163キロに反響「こんな剛速球は御免」 体感速度は165キロ超で今季1位!?

メジャー自己最速となる101マイル(約162.5キロ)を記録したエンゼルス大谷翔平。24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦で見せた剛速球は現地でも話題となり、米メディアも今季先発投手として最速となったことを伝えた。

アストロズ打線相手に剛速球を多投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ打線相手に剛速球を多投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷101マイルは今季球速8位タイ、「こんな剛速球は御免」

 メジャー自己最速となる101マイル(約162.5キロ)を記録したエンゼルス大谷翔平。24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦で見せた剛速球は現地でも話題となり、米メディアも今季先発投手として最速となったことを伝えた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は5回のレディックの打席で101マイルを2度計時。また3回のレディックの打席では100.6マイル(約161.9キロ)で空振りを奪った。このボールは周囲の驚嘆を誘い、MLB公式インスタグラムでも「こんな剛速球は御免だ。101マイル」との言葉とともに動画を紹介。ファンからは「彼の動作は単純に美しい」、「なんてことだ」、「101マイル? 正気か?」、「この男は本物だね」、「彼にできないことって何だろう?」など多くの反響が寄せられている。

 MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、25日(同26日)時点で大谷が計時した101マイルは今季の球速ランキングで8位タイ。1位はカージナルスの新星ジョーダン・ヒックスで101.7マイル(約163.7キロ)となっている。

 今季メジャーデビューした21歳の救援右腕はここまで10試合に登板し、1勝0敗、2ホールドで防御率0.69。ヒックスは同ランキングで上位を独占しており、トップ7のうち6球がランクインしている。また、過去に世界最速の105.1マイル(約169.1キロ)を記録しているヤンキース守護神アロディス・チャップマンは25日のツインズ戦で計時した101.3マイル(約163.0キロ)が5位に入っている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」