野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

決勝3ランの鷹・松田 通算打率6割超、6本塁打“十亀キラー”の秘訣は…

“十亀キラー”はこの日も健在だった。26日、ヤフオクドームで行われた西武戦。ソフトバンクの松田宣浩内野手が、大得意としている西武先発の十亀剣投手から、勝負を決める一発を放った。

大得意としている西武先発の十亀から本塁打を放ったソフトバンク・松田【画像:(C)PLM】
大得意としている西武先発の十亀から本塁打を放ったソフトバンク・松田【画像:(C)PLM】

1、2打席目は凡退し「今日はダメかなと思った」

“十亀キラー”はこの日も健在だった。26日、ヤフオクドームで行われた西武戦。ソフトバンクの松田宣浩内野手が、大得意としている西武先発の十亀剣投手から、勝負を決める一発を放った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 同点で迎えた6回。柳田、デスパイネの安打で1死一、三塁のチャンスで松田は打席に立った。マウンド上には、この試合まで31打数20安打、5本塁打と圧倒的な相性の良さを誇る右腕がいた。「1、2打席目に凡退していて、今日はダメかなと思った」という松田だが、やはりキラーぶりは本物だった。

 1ボール1ストライクから右腕が投じた3球目、カーブが甘くなったのを逃さなかった。快音を残した打球は本拠地のファンの声援に後押しされるように、左中間スタンドへ。勝ち越しの4号3ラン。この一打が、勝利を決定づけた。

 4月3日の対戦でも十亀から本塁打を放っており、これで今季は2戦2発。通算34打数21安打の打率.618、6本塁打となった。なぜ、これほどまでに打てるのか。その秘訣について「想像に任せます」とした松田だったが、「1軍の投手とは何十回も対戦している。真っ直ぐ、勝負球がどういうボールなのかというのは分かっている。イメージはあるので、イメージ通りに運べるかどうか。成功例が多い投手はイメージしやすいし、失敗例が多い投手にはイメージしにくい」とも話した。

 まさに十亀はその「イメージしやすい投手」なのだろう。チームの連敗を止めた鷹の“熱男”。「テンポがいいので、8時半に終われますし、省エネのピッチングでみんなに優しい投球をしてくれている」とお立ち台では、8回1失点と好投した石川柊太を褒めることも忘れなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」