野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「打てる球だけ待てばいい」―“4割打者”の日ハム近藤が一貫して貫くスタンス

日本ハムの近藤健介捕手が26日、本拠地でのオリックス戦で勝ち越し適時打を含む3安打を放ち、栗山英樹監督の57歳誕生日に白星をプレゼントした。

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】
日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

栗山監督の誕生日に白星プレゼントする勝ち越し打「そういう気持ちはあった」

 日本ハムの近藤健介捕手が26日、本拠地でのオリックス戦で勝ち越し適時打を含む3安打を放ち、栗山英樹監督の57歳誕生日に白星をプレゼントした。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&日本ハム戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 1-1で迎えた5回無死一、二塁で回ってきた絶好機。カウント1-2から「甘い球をセンター方向にイメージしながら」とディクソンの直球を振り抜くと、打球は右中間フェンス上部を直撃した。

 今季1号にはあと数十センチ届かず「もう少しウエートしたいと思います。あらためてそういうバッターじゃないと感じました」と苦笑いしたが、値千金の勝ち越しの適時二塁打。「中田さんがディクソンと相性が悪く、『チャンスで回すな』と言われたので、なんとか決めてやろうと思いながら。つながって良かったです」とお立ち台で胸を張った。

 今季3度目の猛打賞で2試合ぶりに打率を4割に戻した(.403)。高打率維持の要因は、難しいボールに手を出さず、甘い球をしっかり捉えていることにある。「我慢して誘いに乗らず、しっかり自分の打てる球だけ待てばいい」というスタンスを一貫して実践している。

 この日は栗山監督の誕生日。「試合前の円陣でも言っていたし、みんなそういう気持ちはあったと思います」と近藤は少し照れくさそうに話したが、試合前には「監督、誕生日おめでとうございます」と直接、祝福の言葉を伝えに行っていた。1年目から1軍で起用して育ててくれた指揮官に、バットで勝利をプレゼントをした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」