野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム守護神育成計画が第2段階へ 石川直が8回のマウンドで求められるモノ

日本ハムの日本人クローザー育成計画が第2段階に入っている。今季開幕からクローザーを務めていた石川直也投手が、24日のオリックス戦から8回を担当するセットアッパーに配置転換。その背景には、近い将来に絶対的守護神となるためにいろいろな経験をさせるという首脳陣の狙いがあった。

日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】
日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】

期待の21歳右腕はクローザーからセットアッパーへ

 日本ハムの日本人クローザー育成計画が第2段階に入っている。今季開幕からクローザーを務めていた石川直也投手が、24日のオリックス戦から8回を担当するセットアッパーに配置転換。その背景には、近い将来に絶対的守護神となるためにいろいろな経験をさせるという首脳陣の狙いがあった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 プロ4年目のシーズンを念願のクローザーとして迎えた21歳右腕が、栗山英樹監督から配置転換を告げられたのは、24日の練習が始まる前だった。そこまで9試合に登板して失敗も成功もあり、0勝1敗1ホールド、5セーブ、防御率6.75の成績だった。

「監督からは『いろいろな経験をしてほしい』と言われました。自分でも8回は難しいと思っているので、いい経験ができたらと思っています。もちろん最終的には9回をやりたいので、戻れるように結果を残したいです」

 前向きに受け止めた石川直は24日オリックス戦で2点リードの8回に登板し、1四球を与えたものの打者3人で無失点に抑えた。26日オリックスでも1点リードの8回2死走者なしから登板。マレーロに左翼線二塁打を許した後、ロメロを一邪飛に打ち取り、2試合続けてセットアッパーの仕事を果たした。

 セットアッパーと言っても、かかるプレッシャーはクローザーと変わらない。26日の試合のようにイニングの途中から行くこともある。「9回は9回に合わせればいいですが、8回はランナーがいる場面というのも出てくると思います。状況によっては急いでつくる場面もあるかもしれない。8回の方が難しさがありますが、宮(西)さんが言うように、いい状態で点をやらずに最後に回したいです」と力を込める。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」