野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、高卒1年目野手が打率3割越え ファームで牙を研ぐ若獅子たち

現在、パ・リーグ首位を突っ走る西武。その躍進を支えているのは、間違いなくリーグ屈指の打線だろう。4月28日終了時点で現在、チーム打率は12球団トップの.285を誇り、スタメンには3割打者がずらりと並ぶ。

西武・斉藤彰吾【写真:編集部】
西武・斉藤彰吾【写真:編集部】

1軍のチーム打率は12球団トップの.285

 現在、パ・リーグ首位を突っ走る西武。その躍進を支えているのは、間違いなくリーグ屈指の打線だろう。4月28日終了時点で現在、チーム打率は12球団トップの.285を誇り、スタメンには3割打者がずらりと並ぶ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 不動の1番に5ツールプレイヤー、2番にミスター・三塁打、3番に絶好調のキャプテン、4番に打点王・本塁打王。捕手までもが打率2割9分~3割以上をマークしており、どの打順からでも得点を狙える攻撃力は脅威だ。ただ、打撃好調の選手がいるのは1軍だけではない。

 実は、ファームには規定打席に到達し、打率が3割を超えている選手が3人もいる。金子一輝内野手、西川愛也内野手、斉藤彰吾外野手だ。今回は、この3人について紹介したい。

 まずは金子一。西武の「金子」と言えば、金子侑司選手を最初に思い浮かべるかもしれない。実際のところ金子一は、プロ5年目でまだ1軍の舞台を経験していない。

 ただ、憧れの舞台に向かうための階段は着実に上っている。昨季、イースタン・リーグでは103試合に出場した。今季は4月27日終了時点で打率.376を記録するなど開幕から好調を維持し、打率ランキングトップに君臨中。まだ内野守備には粗さが目立つものの、三塁手の中村が抹消されたこともあり、念願のデビューに向けて追い風は吹き始めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」