野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

13年目のロッテ田中が好救援でプロ3勝目 初お立ち台に「気持ちいいです」

プロ13年目のロッテ田中靖洋投手が29日、ZOZOマリンで行われた日本ハム戦で、6回に3者凡退の好救援で今季初白星をマークした。

ヒーローインタビューで笑顔を見せるロッテ・田中靖洋【画像:(C)PLM】
ヒーローインタビューで笑顔を見せるロッテ・田中靖洋【画像:(C)PLM】

3セーブ目の内が「靖君、笑顔、笑顔」と冷やかし

 プロ13年目のロッテ田中靖洋投手が29日、ZOZOマリンで行われた日本ハム戦で、6回に3者凡退の好救援で今季初白星をマークした。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 4-5で迎えた6回に、有吉に続く3番手として登板。先頭・清水を空振り三振、中島卓を捕ゴロ、杉谷を中飛と10球で3者凡退とした。その裏の攻撃で、藤岡裕が2点三塁打を右翼に運んで逆転に成功。大谷、シェッパーズ、内が1点差を必死で守り、6-5の勝利に結びつけた。

「人生初のお立ち台。気持ちいいです」という田中だが、慣れないヒーローインタビューには顔がこわばりっぱなし。今季3セーブ目をマークした内から「靖君、笑顔、笑顔。笑って笑って。真面目すぎるよ」と冷やかされていた。

 初勝利は西武時代の2015年9月12日、同じ日本ハム戦だった。昨年は13試合に投げて1勝1セーブ。これがプロ通算3勝目だけに喜びが溢れ、「頑張ります」を連発していた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」