野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 左足首負傷の大谷、ソーシア監督は走塁ミスを否定「一塁手がど真ん中に…」

左足首負傷の大谷、ソーシア監督は走塁ミスを否定「一塁手がど真ん中に…」

ヤンキース戦での走塁中に左足首を捻挫した大谷だが、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は相手の急造一塁手の経験不足など多くの要因が重なって負傷につながり、大谷の走塁自体に非はないという考えを明かした。

ヤンキース戦での走塁中に左足首を捻挫した大谷翔平【写真:Getty Images】
ヤンキース戦での走塁中に左足首を捻挫した大谷翔平【写真:Getty Images】

28日ヤンキース戦で一塁手の足を避けようと走塁

 エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地でのヤンキース戦で2試合連続でスタメンから外れ、5月1日(同2日)のオリオールズ戦で予定されていた次回登板を回避することも正式決定した。27日(同28日)ヤンキース戦での走塁中に左足首を捻挫したためだが、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は相手の急造一塁手の経験不足など多くの要因が重なって負傷につながり、大谷の走塁自体に非はないという考えを明かした。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 二刀流のスターに魔の瞬間が訪れたのは、27日のヤンキース戦、5回の第2打席だった。

 2回の第1打席で開幕投手ルイス・セベリーノから右翼へ4号先制ソロを放っていた大谷だが、第2打席はバットを折りながらの二ゴロとなった。一塁へ全力疾走したが、ベースの真上にヤンキース一塁手のニール・ウォーカーが立ったまま。フルスピードの大谷は衝突を避けるように、両手を前に出しながらベースの隅を走り抜けたが、結果として左足首をひねってしまった。

「あれは技術的な問題ではないんだ。時々起こりうること。一塁手がベースのど真ん中に足を置いている場合にね。彼はその足を避けようとしたんだ」

 ソーシア監督はこう説明し、大谷の走塁ミスではなくアクシデントだったと指摘。そして、この日ヤンキースの一塁を守っていたウォーカーが本来は二塁手であることに触れ、「彼は本職の一塁手が置く場所に足を置いていなかった。だが、あれはどうしようもないことだ」と、熟練の一塁手が守っていれば避けられたアクシデントだった可能性を示唆した。

 メジャー10年目のウォーカーは2004年ドラフトでパイレーツに捕手指名されたが、マイナー時代の2007年に三塁手に転向。そして、2010年から二塁手になった。複数ポジションを守れる器用さを持つが、一塁でのメジャー出場は31試合にとどまっている。

 スポーツには「たら・れば」はないが、「一塁が本職だったら…」と思わず考えてしまう不運でもあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」