野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4241日ぶり白星の松坂大輔 初対峙の後輩・筒香に“敬意”「彼の存在は特別」

4241日ぶりに、国内で白星をつかんだ中日の松坂大輔投手。30日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦で今季3度目の先発マウンドに上がり、6回1失点で勝利投手となった。8個の四死球を与えながら、与えた得点は押し出し四球による1点だけ。まさに粘りの投球だった。

DeNA・筒香を左飛に打ち取った中日・松坂【写真:荒川祐史】
DeNA・筒香を左飛に打ち取った中日・松坂【写真:荒川祐史】

初回の第1打席は左飛も2、3打席目は四球「めっちゃ力入りました」

 4241日ぶりに、国内で白星をつかんだ中日の松坂大輔投手。30日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦で今季3度目の先発マウンドに上がり、6回1失点で勝利投手となった。8個の四死球を与えながら、与えた得点は押し出し四球による1点だけ。まさに粘りの投球だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日の登板で勝敗とともに注目されていたのが、DeNAの主砲である筒香嘉智外野手との対決だった。ともに神奈川の名門・横浜高校の出身である2人。37歳と27歳と、10歳離れた“同門対決”が、ナゴヤドームで実現した。

 初回、2死走者なしでの第1打席は2球目のチェンジアップを打たせて左飛。「あのプレーが大きかったですね」。四球で出した先頭の神里和毅の盗塁を女房役の大野奨太が阻止したこともあり、3人で初回を切り抜けると、その直後に味方がいきなり3点を先制した。

 3回の第2打席、松坂が投じるボールに対して、筒香もフルスイングで応えた。2球がファールとなり結果は四球。ただ、松坂の力と気持ちのこもったボールと、筒香の渾身のフルスイングは間違いなくスタンドで見守った観衆を、中日ファン、DeNAファンを問わずに魅了した。

 5回の第3打席も四球に終わり“横浜高校対決”は3打席で1打数無安打で終わった。ただ、時代は違えど、ともに日本で指折りのプレーヤーとなった2人の対戦は、やはり独特の雰囲気を醸し出した。それは松坂にとっても、特別な時間だった。

 試合後、筒香について話題が及ぶと、松坂はどことなく嬉しそうに、口を開いた。「めっちゃ力が入りました。絶対に三振を取ってやろうと思っていましたけど。高校の後輩だから、ということもありますけど、今や日本を代表するバッターなので」。力ずくで抑えにいったことを隠そうともしない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」