野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー黄金期を指揮した名将が賛辞 「最も偉大なプレイヤーの1人」

イチロー黄金期を指揮した名将が賛辞 「最も偉大なプレイヤーの1人」

マリナーズは3日(日本時間4日)、イチロー外野手が球団特別補佐に就任し、今季はプレーしないと発表した。この日、本拠地セーフコフィールドでマリナーズと対戦したアスレチックスを率いたのはボブ・メルビン監督だ。マリナーズで2年間、背番号「51」を指導した名将は「今まで出逢った最も献身的な選手」と称賛している。MLB公式サイトが報じている。

4日、勝利したチームメイトを迎え入れるマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
4日、勝利したチームメイトを迎え入れるマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

メルビン監督は2004年にマリナーズで指揮を執った

 マリナーズは3日(日本時間4日)、イチロー外野手が球団特別補佐に就任し、今季はプレーしないと発表した。この日、本拠地セーフコフィールドでマリナーズと対戦したアスレチックスを率いたのはボブ・メルビン監督だ。マリナーズで2年間、背番号「51」を指導した名将は「今まで出逢った最も献身的な選手」と称賛している。MLB公式サイトが報じている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「もしも彼も賛成しているなら、正しい選択だと思う。誰かの邪魔をしたいと願う人間じゃない。彼が今もこの球団の一員でいることは素晴らしいことだ。なぜなら、この街にとって、彼はとてつもない存在なんだ」

 2003年と04年にマリナーズで指揮を取ったメルビン監督は、こう語ったという。外野手5人体制という異例の構成となっていたマリナーズで若手に出場機会を譲った形となった背番号51の決断と、シアトルと“生涯契約”を結んだことについて高く評価している。

「彼とは気楽に話せる間柄なんだ。当時から関係性が積み上げられてきた。彼は昼も夜も、次の試合について考えているんだ。常々この話はしているが、私にとって彼は今までの指導人生で、最も手がかからない選手だった。なぜなら、その日の試合について話さえすれば、彼は準備ができているし、何をすべきか分かっているんだよ」

 イチローはメルビン政権の2004年にメジャーシーズン最多安打記録の262本という金字塔を打ち立てた。このシーズンの打率はキャリアハイの.372だった。

「野球史上において、最も偉大なプレイヤーの1人だ」

 イチローの黄金時代を間近で見届けたメルビン監督は、愛弟子を温かい目で見送るようだった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」