野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム清宮、記録更新の三塁内野安打に苦笑い 「バントみたいな当たり…」

日本ハムの清宮幸太郎内野手が5日、本拠地でのロッテ戦に「5番・一塁」でフル出場。初回に来日初登板左腕・オルモスから三塁前に転がる内野安打を放ち、デビューから5試合連続安打を記録した。高卒新人のデビューから5試合連続安打は史上初の快挙だった。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

第1打席でボテボテの三塁内野安打を放ち高卒新人記録を更新

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が5日、本拠地でのロッテ戦に「5番・一塁」でフル出場。初回に来日初登板左腕・オルモスから三塁前に転がる内野安打を放ち、デビューから5試合連続安打を記録した。高卒新人のデビューから5試合連続安打は史上初の快挙だった。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 フルカウントからの外角低めスライダーにバットを出すと、先っぽに当たったボールは力なく三塁方向へ。オルモスが伸ばしたグラブの下を通過した打球を鈴木が捕球する頃には清宮は一塁を駆け抜けていた。

「バントみたいな当たりだったので思い切り走りました」と清宮。スコアボードに「H」のランプが灯った時の心境を「ホッとしました」と振り返った。

 ツキも味方につけて、デビューからの連続安打をまた伸ばした。「今度はしっかりいいヒットを打ってほしいと思います。セーフティーバントじゃないので」と笑った栗山英樹監督も18歳の必死さを高く評価している。

 「全くわからないピッチャーなのに、一生懸命ボールに食らいつこうとする姿はとてもいい。何かヒットになるとか、ヒットにしてくれるというか、そういうものを持っているのもある。本人は納得していないと思うけれども、ヒットになった方がいいし、そういったもの全て生かしてくれると信じています」と指揮官は目を細めていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬