野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 手前すぎた? 転倒? 一塁ベースの2M手前で…無念の「届かなかったヘッスラ」

手前すぎた? 転倒? 一塁ベースの2M手前で…無念の「届かなかったヘッスラ」

無謀だと分かっていながらも、気持ちのこもったプレーはファンを魅了するはず……。アメリカの大学野球で起きた「届かなかったスライディング」が話題となっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「大学の選手が一塁まで懸命に走るも、たどり着く前に顔面から転倒」と題し、シアトル大学の公式ツイッターに投稿された動画を紹介している。

米大学生が見せた早すぎるヘッスラが話題に(画像は動画のスクリーンショットです)
米大学生が見せた早すぎるヘッスラが話題に(画像は動画のスクリーンショットです)

満塁の好機に遊ゴロ→併殺回避のため一塁に“ヘッドスライディング”も…

 無謀だと分かっていながらも、気持ちのこもったプレーはファンを魅了するはず……。アメリカの大学野球で起きた「届かなかったスライディング」が話題となっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「大学の選手が一塁まで懸命に走るも、たどり着く前に顔面から転倒」と題し、シアトル大学の公式ツイッターに投稿された動画を紹介している。

「Cut4」のレポートによれば、懸命の“ヘッドスライディング”が起きたのは週末に行われたシアトル大学vsカリフォルニア州立大学サクラメント校の一戦だ。1死満塁のチャンスで打席に入ったシアトル大学のジャック・ライジンガーは遊ゴロを放ったが、併殺を逃れるために全力疾走を見せヘッドスライディングを見せた。

 だが、気持ちを前面に出した“ヘッドスライディング”を繰り出したのはベースのはるか手前。躓いてしまったように見えるが、相手に余裕をもって併殺を完成させてしまった。ベースに約2M届かなったライジンガーは、転倒した後にがっくりとうなだれている。

 記事ではこの動画の前に、数年前にマニー・ラミレスが台湾でプレーしていた際に二塁ベースのはるか手前でスライディングし、アウトとなった動画も紹介。大学球界での珍事を“野球史上屈指”の「届かなかったスライディング」と重ね合わせ、「これはマニーの頭からバージョンとでも言えるものだ」と伝えている。

 もっとも、気迫のプレーを見せた甲斐あってか、試合はシアトル大学が4-3で勝利。同サイトは「ジャック、努力は認めるよ。いつか君はまた一塁にたどり着けるはずだ」と締めくくっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」