野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • シアトル地元紙の記者がイチローの“決断”に敬意「尊厳を完全に保ったまま」

シアトル地元紙の記者がイチローの“決断”に敬意「尊厳を完全に保ったまま」

マリナーズは3日(日本時間4日)にイチロー外野手の会長付特別補佐就任を発表した。今季はもう試合に出場はしないが、来季以降に復帰の可能性を残す異例の契約。米メディアからは「事実上の引退」と伝える記事も出ているが、地元紙「シアトル・タイムズ」で長年、マリナーズ担当を務めるラリー・ストーン記者は「彼はまだ引退したわけではないが、尊厳を完全に保ったまま去った」と、その決断に敬意を表している。

マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

マリナーズでのキャリアを振り返るコラム「イチローの素晴らしい遺産」

 マリナーズは3日(日本時間4日)にイチロー外野手の会長付特別補佐就任を発表した。今季はもう試合に出場はしないが、来季以降に復帰の可能性を残す異例の契約。米メディアからは「事実上の引退」と伝える記事も出ているが、地元紙「シアトル・タイムズ」で長年、マリナーズ担当を務めるラリー・ストーン記者は「彼はまだ引退したわけではないが、尊厳を完全に保ったまま去った」と、その決断に敬意を表している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 イチローは2001年にメジャーデビューを飾ると、1年目に首位打者や盗塁王に輝き、史上2人目となる新人王&MVPダブル受賞を達成。メジャー記録となるシーズン116勝に大きく貢献した。2012年途中にヤンキースに移籍するまで、10年連続200安打&ゴールドグラブ賞&オールスター出場など数々の偉業を達成。背番号51は、殿堂入り左腕のランディ・ジョンソンと連名で永久欠番になると見られている。

 ストーン氏は「正しい去り方:シアトルでのイチローの素晴らしい遺産について私が忘れられないこと」とタイトルがつけられた“惜別コラム”の中で「記憶に残る道のりだった。そのすべてがスムーズだったわけではない。チームメートやファンの一部はイチローの野球や性格の様々な面に反対した。しかし、イチローを見ることは魅力的以外の何ものでもなかった」と言及。そして、「イチローのキャリアを振り返ると、2001年にゆっくりと頭角を現した時のことを思い出す。まさに驚嘆だった。それ以前には見たことのなかった野球の現象を目撃していた」と、パワーヒッター全盛だったメジャーにスピードという新たな風を吹き込ませた当時のことを回顧している。

 1年目の伝説のレーザービーム送球や、オールスターでランディ・ジョンソンから放った内野安打について振り返り、「イチローが活躍して球界を混乱させる才能があることがはっきりした」と指摘。さらに、メジャー記録を更新した2004年のシーズン262安打については「神聖な記録の1つを破るのを見た興奮を覚えている」として、2009年のオールスターでのランニングホームランなどにも触れている。

 今年、6シーズンぶりにマリナーズに復帰したイチロー。結果が出ない中でシアトルメディアからは厳しい論調の記事も多く出たが、ストーン記者は「全体を振り返ってみると、116勝の夢のシーズンから始まった18年間というのは、野球の素晴らしさと事象を目の当たりにできる特権に満ちたものであった」と“感謝”。会長付特別補佐に就任し、来季以降に復帰の可能性を残すという異例の契約については「間違いを見つけるのは難しい」と前向きに受け止めている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」