野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAに現れた期待の俊足ルーキー神里 犬をも振り切るスピードで起爆剤に

DeNAに現れた期待の俊足ルーキー神里 犬をも振り切るスピードで起爆剤に

若い力をフルに生かした勢いある戦いを続けるDeNA。2006年から10年連続Bクラスだったチームは、A.ラミレス監督の指揮の下、就任1年目の2016年に3位となり、Aクラス入りを果たすと、昨季は同じく3位ながらクライマックスシリーズで勝ち抜き、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。1998年以来20年ぶりの日本一を目指す今季、また1人活きのいい若手選手が現れた。ドラフト2位ルーキーの神里和毅外野手だ。

DeNA・神里和毅【写真:荒川祐史】
DeNA・神里和毅【写真:荒川祐史】

社会人では侍ジャパン入り、アジア大会優勝に大きく貢献

 若い力をフルに生かした勢いある戦いを続けるDeNA。2006年から10年連続Bクラスだったチームは、A.ラミレス監督の指揮の下、就任1年目の2016年に3位となり、Aクラス入りを果たすと、昨季は同じく3位ながらクライマックスシリーズで勝ち抜き、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。1998年以来20年ぶりの日本一を目指す今季、また1人活きのいい若手選手が現れた。ドラフト2位ルーキーの神里和毅外野手だ。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 沖縄出身の24歳。糸満高から中央大、日本生命を経て、今季からDeNAに加わると、キャンプで熾烈な外野手争いを勝ち抜いて、開幕戦に「7番・右翼」でスタメン起用された。本拠地・横浜スタジアムで迎えた3月30日の開幕戦。「名前を呼ばれて出ていった時はフワフワしていました。ライトで守っていても、その試合はずっとフワフワしていましたね」と初々しさを隠さないが、満員に埋まるハマスタでプレーする気分は「今まで味わったことがないもの」と目を輝かせる。

 ここまでの道のりは決して順調ではなかった。中央大では1年春からベンチ入りし、走攻守の3拍子揃った外野手としてプロスカウトの注目を集めた。4年で主将を務めると、秋季リーグでは東都大学野球のベストナイン入り。プロ志望届を提出したが、指名漏れする悔しさを味わった。

「実際にどこにも指名されなくて、本当に悔しかったです。社会人に行って、2年後は絶対上位で指名されるように頑張ろうっていう強い気持ちが出ました」

 日本生命では会社の看板を背負いながら戦い、「技術もそうなんですけど気持ちの面で成長できました」と振り返る。巧みなバットコントロールと俊足を生かして存在をアピール。2017年10月には侍ジャパン社会人代表に選ばれ、「第28回BFAアジア選手権」に出場。12打数6安打9打点の大活躍でベストナインと打点王に輝き、優勝の原動力となった。

 社会人時代には、視覚情報センター代表を務める田村知則氏から目の使い方のアドバイスを受け、セールスポイントでもある俊足に磨きをかけた。「1点を凝視すると体が固まって重心が浮いてしまう」と、盗塁はできるだけリラックスした状態からスタート。「投手が動いたら全部いくっていうくらいの気持ちでいます」という積極的な姿勢で、今季はすでに9盗塁をマークし、打線の起爆剤となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」