野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マリナーズ左腕パクストンがノーノー達成 カナダ人73年ぶり2人目快挙

マリナーズ左腕パクストンがノーノー達成 カナダ人73年ぶり2人目快挙

マリナーズの左腕ジェームス・パックストン投手が8日(日本時間9日)、敵地でのブルージェイズ戦でノーヒットノーランの快挙を達成した。4月21日(同22日)レッドソックス戦でアスレチックス左腕ショーン・マナイア投手が達成したのに続き、今季2人目。4日(同5日)にはドジャースがパドレスを相手に4投手でのノーノーを記録していた。

マリナーズのパクストンがブルージェイズ戦でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】
マリナーズのパクストンがブルージェイズ戦でノーヒットノーランを達成【写真:Getty Images】

2015年岩隈に続く球団史上6人目の偉業

 マリナーズの左腕ジェームス・パクストン投手が8日(日本時間9日)、敵地でのブルージェイズ戦でノーヒットノーランの快挙を達成した。4月21日(同22日)レッドソックス戦でアスレチックス左腕ショーン・マナイア投手が達成したのに続き、今季2人目。4日(同5日)にはドジャースがパドレスを相手に4投手でのノーノーを記録していた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 パクストンは初回、2回と連続で3者凡退の好スタート。3回は先頭モラレスに四球を与え、1死後にアルフォードにも四球で一、二塁としたが、ヘルナンデスを一邪飛、ドナルドソンを三ゴロに打ち取り、三塁を踏ませなかった。

 4回にも1死からスモークを四球で歩かせたが、続くピラーを三ゴロ併殺に仕留めると、ここから一気にギアを上げた。5回以降はブルージェイズ打線をまったく寄せ付けず。大記録がかかった9回は、アルフォードを右邪飛、ヘルナンデスを空振り三振、最後はドナルドソンを三ゴロに仕留め、9回を99球、無安打7奪三振3四球無失点でノーヒットノーラン。チームを5-0の勝利に導いた。

 マリナーズとしては、2015年8月15日オリオールズ戦の岩隈久志投手以来3年ぶり6度目の快挙(継投ノーノー含む)。パクストンはカナダ・ブリティッシュコロンビア州ラドナー出身で、カナダ人投手としては1945年9月9日にアスレチックスのディック・ファウラーが達成して以来、73年ぶり2人目の偉業となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」