野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

史上最年少100S目前も防御率6点台…楽天・松井裕樹が苦しんでいる理由

楽天の松井裕樹投手が開幕から苦しんでいる。昨シーズンまで3年間にわたってクローザーとして活躍し、通算100セーブまで残り4として開幕を迎えた松井。山口俊投手(巨人)の持つ25歳1か月という史上最年少での100セーブ達成を射程圏内に捉えており、現在22歳の松井が開幕から間もなくしてこの記録を塗り替えるだろうとみられていた。

楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】
楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

数字で見る楽天・松井不振の要因

 楽天の松井裕樹投手が開幕から苦しんでいる。昨シーズンまで3年間にわたってクローザーとして活躍し、通算100セーブまで残り4として開幕を迎えた松井。山口俊投手(巨人)の持つ25歳1か月という史上最年少での100セーブ達成を射程圏内に捉えており、現在22歳の松井が開幕から間もなくしてこの記録を塗り替えるだろうとみられていた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 しかし、シーズン開幕戦となった3月30日の千葉ロッテ戦での救援失敗を手始めに安定感を欠いた投球が続き、ここまですでに3敗を喫してセーブは2つのみ。防御率は6.00。プロ入り以来4点台の防御率を記録したことのない松井にとって、信じられないような数字が並んでしまっている。

 昨シーズンは故障離脱がありながら52試合に登板して防御率1.20という数字を残し、51試合目まで防御率0点台(0.52)を維持する抜群の安定感を誇った左腕はなぜ不振へと陥ってしまったのか。今回はセイバーメトリクスで広く用いられる2つの指標によって松井投手の今季の投球内容を分析し、その原因について考察していきたい。(※数字は全て5月8日終了時点でのもの)

 まず、奪三振数を与四球で割って求める「K/BB」という指標について見ていきたい。松井投手がプロ入り後の5年間で記録したK/BBは以下の通りとなっている。

K/BB
2014年 1.88
2015年 3.68
2016年 1.88
2017年 2.38
2018年 1.56

 参考までに、昨シーズンのパ・リーグで各球団の抑えを務めた選手の2017年のK/BBは以下の通り。(カッコ内は今季の数字、メジャー移籍の平野は除く)

増井浩俊 7.45(3.50)
内竜也  1.57(6.00)
増田達至 4.46(2.00)
平野佳寿 2.94
サファテ 10.20(3.00)

 K/BBは、一般的には3.50を上回れば優秀、1.50を下回ると不安視されることが多いと言われている。松井はこれまでも四球でランナーをためながら後続を断っていくケースが多かったため、毎年投球イニングを上回る奪三振数を記録しながらK/BBは伸び悩んでいた。しかし、5月8日時点での1.56という数値は明らかに低迷しているといえるもので、14奪三振・与四球9というところにも投球内容の悪さが表れているのかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」