野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • パクストンのノーノー呼んだ超美技に称賛の声「ステーキおごってもらえる」

パクストンのノーノー呼んだ超美技に称賛の声「ステーキおごってもらえる」

米MLBに、また新たな偉大な記録が生まれた。8日(日本時間9日)、トロントで行われたブルージェイズvsマリナーズ戦。この日、マリナーズの先発マウンドを託された左腕のジェームス・パクストンがノーヒットノーランを達成したのだ。

マリナーズのカイル・シーガー【写真:Getty Images】
マリナーズのカイル・シーガー【写真:Getty Images】

マリナーズの三塁手カイル・シーガーが見せた横っ飛びキャッチ

 米MLBに、また新たな偉大な記録が生まれた。8日(日本時間9日)、トロントで行われたブルージェイズvsマリナーズ戦。この日、マリナーズの先発マウンドを託された左腕のジェームス・パクストンがノーヒットノーランを達成したのだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズでは2015年8月15日のオリオールズ戦で岩隈久志投手が達成して以来、3年ぶり6度目(継投での無安打無得点試合を含む)。パクストンはカナダ出身で、カナダ人投手としては1945年9月9日にアスレチックスのディック・ファウラーが達成して以来、73年ぶり2人目の快挙となった。

 この試合、9回を99球という少ない球数で投げ抜き、無安打7奪三振3四球で無失点に封じたパクストン。だが、この大記録達成の裏には、バックの好守が不可欠であった。
 
 MLB公式ツイッターが「カイル・シーガーはジェームス・パクストンに素敵なステーキディナーをご馳走してもらえるだろう」として、紹介したのは7回2死の場面で生まれたカイル・シーガーの美技だった。

 ここまでノーヒットピッチングを続けていたパクストンは、打席にケビン・ピラーを迎えた。2ボール2ストライクからの6球目、ピラーが捉えた打球は強烈なゴロとなって三塁線を襲った。この打球に対して三塁を守るシーガーは横っ飛び。グラブを懸命に伸ばし、ゴロを掴み取った。すぐさま立ち上がったシーガーは、やや体勢を崩したままに、サイドスローで一塁へ。ワンバウンド送球となったが、間一髪のところで間に合った。一塁塁審がアウトをコールすると、敵地にどよめきが起こった。

 この超ファインプレーで救われたパクストンは8回、9回とアウトを積み重ね、ノーヒットノーランの偉業を達成した。MLB公式ツイッターには、ファンからもこのプレーを称賛するコメントが並んだ。

「この試合だけでゴールドグラブに値する」

「素晴らしい」

「なんてプレーだ」

「なんてこった。素晴らしいね」

「これは最高!! 」

 さらに、マリナーズの公式ツイッターでも「ビッグな瞬間をビッグなプレーが呼んだ、カイル・シーガーはピンチに強い」として、同じシーンの動画を紹介。こちらにもファンからのコメントが相次いだ。

「だから野球が大好きなんだ!」

「起き上がる前に送球している。グレイトなプレーだ」

「シーゴにステーキディナーを」

 大記録を支えた、シーガーの超美技。ノーヒットノーランの偉業の裏には、それを支えた守備陣がいた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」