野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、3度目代打で“初ヒット” 痛烈中前打で快音 チームは完封勝利

大谷翔平、3度目代打で“初ヒット” 痛烈中前打で快音 チームは完封勝利

エンゼルス大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、敵地でのロッキーズ戦に代打出場し、痛烈なセンター前ヒットを放った。打率は.344に上昇。チームは8-0で完封勝利を収めた。

代打出場し、中前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
代打出場し、中前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

右腕ポンダーズのスライダー捉える

 エンゼルス大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、敵地でのロッキーズ戦に代打出場し、痛烈なセンター前ヒットを放った。打率は.344に上昇。チームは8-0で完封勝利を収めた。

【PR】大谷翔平を観るなら「DAZN」、出場試合を放送予定! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 2戦連続でベンチスタートとなった大谷は、7-0で迎えた8回1死一塁で代打として登場。敵地ながら歓声で迎えられると、ロッキーズ3番手右腕ポンダースと対戦。フルカウントからの7球目84.7マイル(約136キロ)外角低めスライダーを捉え、センター前に弾き返した。1死一、二塁と得点機を作ったが、続くリベラが遊ゴロ併殺に倒れ、得点には結びつかなかった。

 大谷はこれまで2度代打出場したが、いずれも凡打に倒れていた。前日に続き、ナ・リーグ本拠地での交流戦のため、DH制が採用されずにスタメンから外れていた大谷だが、少ないチャンスをしっかりモノにした。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬