野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックスが延長12回2死満塁“後逸”サヨナラ勝ち 最後はまさかの展開に

オリックスは10日、本拠地・京セラドームで行われた日本ハム戦を延長12回を2-1で勝利した。12回2死満塁から日本ハム浦野のワンバウンドを投球を鶴岡が後逸し三走・安達が生還。チームは4カード連続勝ち越しとなった。

最後はまさかの展開に…【画像:(C)PLM】
最後はまさかの展開に…【画像:(C)PLM】

1点を追う7回にロメロの7号ソロで同点に追いつく

 オリックスは10日、本拠地・京セラドームで行われた日本ハム戦を延長12回の末に2-1で勝利した。12回2死満塁から日本ハム浦野のワンバウンド投球を鶴岡が後逸し三走・安達が生還。チームは4カード連続勝ち越しとなった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 1点を追う7回にロメロの7号ソロで同点に追いつくと、その後は両チーム無得点のまま延長戦に突入。決めてを欠き1-1で迎えた延長12回。先頭の安達が左前打で出塁。続く大城の犠打、代打・中島の申告敬遠で1死一、二塁。ここで宗が中前打を放ち満塁とすると、代打・伏見が空振り三振に倒れたが、続く小田の場面で日本ハム浦野が投じたワンバウンド投球を鶴岡が後逸しあっけない幕切れとなった。

 先発の金子は勝敗こそつかなかったが6回1失点の好投を見せると、その後は黒木、山本、増井、澤田、近藤、吉田一が無失点リレーでつないだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」