野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督が驚きの“マシンガン継投” 7回に4投手投入で無失点も…

ソフトバンクの工藤公康監督が、驚愕の“マシンガン継投”を見せた。11日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本ハム戦。同点で迎えた7回に、なんと一気に4投手を注ぎ込む驚きの継投策を展開した。

工藤監督が怒涛の継投策を披露
工藤監督が怒涛の継投策を披露

4-4の同点で試合は7回表を終了し、ソフトバンクの残る投手は4人

 ソフトバンクの工藤公康監督が、驚愕の“マシンガン継投”を見せた。11日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本ハム戦。同点で迎えた7回に、なんと一気に4投手を注ぎ込む驚きの継投策を展開した。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 先発の東浜巨は5安打2本塁打4失点で、6回112球で降板。4-4で迎えた7回、まずマウンドに送られたのは二保だった。右腕は先頭の横尾を右飛に仕留めたが、続く清水に死球を与えた。左の西川を迎えると、ここで“左キラー”の嘉弥真を投入。左腕が西川を二ゴロに仕留めると、今度は右の大田泰のところで加治屋をマウンドに送った。

 加治屋が大田に左翼フェンス直撃の二塁打を浴びて2死二、三塁となると、左のアルシアを迎え、今度は左腕のモイネロを投入。期待通りにモイネロが、アルシアを空振り三振に仕留めて、この回を無失点で切り抜け、結果的に継投策は成功した。

 7回表を終えた時点で4-4の同点。延長戦の可能性もある中で、ソフトバンクのブルペンに残っているのは田中正義、岡本健、森唯斗、中田賢一の4人。試合数の影響でローテが1回飛び、中継ぎに回っている中田が控えているとはいえ、驚きの継投策だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」