野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム・清宮、左翼からの好返球で犠飛阻止 「さすがに走らないと…」

日本ハムの清宮幸太郎内野手が、左翼からの好返球でチームに貢献した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦に「6番・左翼」でスタメン出場。同点で迎えた5回に、本塁への好返球で、勝ち越し点を奪われるのを防いだ。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:福谷佑介】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:福谷佑介】

バッティングでは4打席ノーヒットで2試合連続無安打

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が、左翼からの好返球でチームに貢献した。11日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦に「6番・左翼」でスタメン出場。同点で迎えた5回に、本塁への好返球で、勝ち越し点を奪われるのを防いだ。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 この回、甲斐のソロで同点に追いつかれた日本ハム。さらに、高梨が今宮に四球を与え、上林の右前安打で1死一、三塁となった。ここで打席に立った柳田が体勢を崩されながら放った打球は、左翼の浅いフライとなった。

 前進しながらこの打球をキャッチした清宮。浅い飛球だったが、清宮が外野に不慣れなところも考慮したのか、三塁走者の今宮は果敢にホームを狙った。「さすがに走らないと思いましたけど、準備はしていたので」。打球をキャッチし、すかさずステップを踏むと、本塁へスローイング。送球はワンバウンドで捕手の清水のミットに収まり、今宮を刺してみせた。

 2試合連続で不慣れな左翼での出場となったが、3度の守備機会を無難にこなし「ミスなくこなせたので良かったです」と語った清宮。打つ方では、ソフトバンク先発の東浜の高速シンカーに2打席連続三振に倒れるなど4打席無安打、2試合連続ノーヒットだったが、この日は守備面で大きな収穫をつかんだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬