野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の高い志をエ軍OBが改めて絶賛 「どの選手からも聞きたい言葉」とは…

大谷の高い志をエ軍OBが改めて絶賛 「どの選手からも聞きたい言葉」とは…

二刀流の活躍で全米でセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。メジャー通算132勝のエンゼルスOBは「球界最高を目指す」と崇高な目標を掲げているスーパースターの“流儀”を「アメージング」と称賛している。

マルチ安打を放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マルチ安打を放ち勝利に貢献したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

センター左に突き刺す豪快5号ソロ「オオタニはホームランだと分かっていました」

 二刀流の活躍で全米でセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。メジャー通算132勝のエンゼルスOBは「球界最高を目指す」と崇高な目標を掲げているスーパースターの“流儀”を「アメージング」と称賛している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 天才のバットが再び爆発した。10日(日本時間11日)の本拠地ツインズ戦。大谷は4打数2安打2打点と活躍した。3回にスピードを生かした適時二塁打を放つと、7回には7試合ぶりの一発となる豪快な5号ソロ。長打2本で今季7度目のマルチ安打を記録した。

 この試合を全米で中継していたテレビ局「FOXスポーツ」でも、話題の中心は「Shohei Ohtani」だった。

 まずは3回2死二塁のチャンスで迎えた第2打席で適時二塁打。さらに、2点リードで迎えた7回の第4打席では、2死走者なしの場面でサイド右腕ヒルデンバーガーの速球を完璧に捉えた。センター左に突き刺すソロ弾。飛距離414フィート(約126.2メートル)の圧巻の5号ソロとなった。

「ストライクゾーン高めの逃げていくツーシーマーでした。ショウヘイ・オオタニは分かっていました。疑いの余地のないホームランだと。ロックパイルにほとんど届いていましたね」

 解説を務めていたのは、現役時代にメジャー通算132勝を挙げたマーク・グビザ氏。悠然と打球の行方を見届けながら、ゆっくりと走り出した大谷が、打った瞬間にホームランを確信していたと唸るように語った。

 打者として19試合に出場し、打率.354、5本塁打、16打点と圧巻の成績を残す大谷。OPS(出塁率+長打率)はさらに上がり、1.077となった。地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」の解説者として活躍するグビザ氏は、エンゼルスの試合をほとんど全て見守っているが、何よりも感銘を受けたのは23歳の若武者の崇高な“流儀”だったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」