野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、盤石勝利で今季最多の貯金10 緒方監督「ナイスゲームでした」

広島は12日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に6-1で勝利した。先発の大瀬良が7回1失点と好投し、自ら先制の2点タイムリー二塁打を放つなど、投打に活躍。7回には3連続押し出し四球などで4点を奪って試合を決めた。連日の快勝に緒方監督は「ナイスゲームでした」とご機嫌だった。

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

先発・大瀬良の先制二塁打に「野手顔負け」

 広島は12日、マツダスタジアムで行われた阪神戦に6-1で勝利した。先発の大瀬良が7回1失点と好投し、自ら先制の2点タイムリー二塁打を放つなど、投打に活躍。7回には3連続押し出し四球などで4点を奪って試合を決めた。連日の快勝に緒方監督は「ナイスゲームでした」とご機嫌だった。

【PR】「DAZN」なら広島戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 大瀬良は7回まで投げて板山のソロ本塁打のみの1失点、9奪三振、無四球と上々の内容でリーグトップタイとなる5勝目をマークした。緒方監督は「6回と7回にちょっとピンチがあったけど、しっかり粘って投げ切ってくれた」と、真っ先に大瀬良の名前を挙げた。「春先からストレートの質がよくなっているし、フォームも固まって、安定して思ったところに投げられるようになった」と好調の理由を分析。先制打に関しては「野手顔負けのナイスバッティングだったね」と驚いた様子だった。

 攻撃面では、5四球を選んで4点を追加した7回に触れ、「1人1人がしっかりとボールを見極めて、フォアボールを取って追加点が取れた」と打線の粘りを強調した。前夜に復帰した新井は、この日は出番がなかったが、代わって出場した松山が2安打を放つなど、相変わらずの選手層の厚さがチームの安定した成績につながっている。

 怒涛の連打で14得点を奪っての圧勝に続き、この日も3位阪神に付け入る隙すら与えず。盤石な勝利で、貯金を今季最多の10とした。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」