野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが7回降雨コールドで大勝 宮崎、ロペス、柴田の3発含む2桁得点

DeNAは13日、本拠地でのヤクルト戦に10-3で7回途中降雨コールド勝ちを収めた。雨を味方につけたDeNAは、同一カード3連敗を免れた。

DeNAが7回降雨コールドで大勝、13日のヤクルト戦で2桁得点を記録
DeNAが7回降雨コールドで大勝、13日のヤクルト戦で2桁得点を記録

ヤクルト小川は3回2/3を5失点で今季初先発を飾れず

 DeNAは13日、本拠地でのヤクルト戦に10-3で7回途中降雨コールド勝ちを収めた。雨を味方につけたDeNAは、同一カード3連敗を免れた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 今季6試合目の先発マウンドに上がった2年目右腕の京山は、初回先頭の山田から3者連続四球で無死満塁の大ピンチ。4番・バレンティンに左翼へ2点先制タイムリーを許し、1死満塁から雄平の左犠飛で3点目を失った。

 だが、その裏に打線が奮起。今季初先発マウンドに上がったヤクルトの小川に襲い掛かる。四球と安打で無死一、二塁とすると、3番・筒香が右翼へタイムリーで1点を返す。続くロペスは投ゴロ併殺に倒れたが、2死三塁から宮崎が左翼へ5号同点ホームラン。試合を振り出しに戻した。

 雨足が強まった3回には、ロペスが2試合連続となる11号2ランを左翼へ運び、2点勝ち越しに成功した。5回には途中出場の柴田が右翼へ今季1号2ランで、勝利を確実なものとした。

 降りしきる雨が止むことはなく、5回終了で試合は一時中断。グラウンドを整えて試合を再開した後は、7回にDeNAが代打・田中のタイムリー、神里の2点タイムリーなどでリードを広げた。

 ヤクルトは同一カード3連勝を目指したが、今季初先発となった小川が味方打線に初回から3点の援護をもらったが守り切れず。3回2/3を6安打5失点と苦しみ、白星とはならなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」