野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ4度の満塁好機でわずか1得点 福良監督「こんな試合をしていたら…」

オリックスは13日、本拠地・京セラドームで行われた楽天戦に9-1で敗れた。初回、2回、3回、そして6回と4度あった満塁のチャンスを生かせず得点はわずか1点のみ。今季6度目の2桁残塁となる11残塁の拙攻だった。

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

3回1死満塁のチャンスで武田の左犠飛で奪った1点のみ

 オリックスは13日、本拠地・京セラドームで行われた楽天戦に9-1で敗れた。初回、2回、3回、そして6回と4度あった満塁のチャンスを生かせず得点はわずか1点のみ。今季6度目の2桁残塁となる11残塁の拙攻だった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 序盤のチャンスを生かせず最下位・楽天に大敗を喫した。初回に山足の左翼線二塁打と2つの四球で1死満塁のチャンスを作ったが小谷野が空振り三振、マレーロが中飛に倒れ無得点。2、3回、そして6回と4度の満塁機会も得点は3回1死満塁から武田の左犠飛のみ。

 4番・ロメロを欠く打線の中、福良監督は6回に自ら円陣の輪に入りゲキを飛ばしたが効果なし。試合後は「あんだけチャンスがあって1点だけですから。こんな試合をしていたらダメ」とため息。バント失敗など細かいミスもあり「ミスがあれだけ続けば、向こうに流れはいく」と嘆くしかなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」